中国と日本、危険なのはどっちだ? "Newsダイジェスト"

中国と日本、危険なのはどっちだ? "Newsダイジェスト"

 

2011年10月号記事

 

 

 中国外務省の2011年版外交白書で、昨年9月の尖閣諸島沖での漁船衝突事件について、「日本が中国の領土、主権と中国人の人権を侵犯した」と記述していることが分かった。その上で、日本側に謝罪と賠償を求めているという。

 言うまでもなく、尖閣諸島は日本の領土である。しかし、この常識は、「言った者勝ち」文化の中国には通用しない。毅然とした態度で応じる必要がある。当然、謝罪にも賠償にも応じる必要はない。

 今回の白書では、尖閣問題や南シナ海問題を初めて独立した項目として扱っている。これは、中国が海洋権益の確保を重要課題として扱い始めたことを意味する。日本側も、単に「まあまあ」となだめて済ませるのではなく、原発事故でエネルギー供給に不安が生じている中、国家として明確な資源・エネルギー戦略を持った上で、海洋権益をどう守るかを考える必要があるだろう。

 報道によれば、日本の外務省関係者は「尖閣問題では認識の違いが大きい」と主張し、「中国の拡張傾向にも引き続き警戒していく」と述べたという(8月13日付日本経済新聞)。さすがに、いくら左派政権と言えども、単純に押し込まれることはないようだが、引き続き警戒が必要だ。

 

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年10月号  Newsダイジェスト  中国  軍拡  防衛大綱  日米共同声明  軍事費    

Menu

Language