伊藤貫氏インタビュー/アメリカが日本を守れない時代が来る「自主的な核抑止力を持て」

伊藤貫氏インタビュー/アメリカが日本を守れない時代が来る「自主的な核抑止力を持て」

2011年8月号記事

 

 

本誌先月号では、国際政治アナリストである伊藤貫氏に、アメリカ・オバマ大統領の〝正体〟や、来年の大統領選の見通しについて語ってもらった。今回は、そのアメリカは本当に日本を防衛してくれるのか、日本の自主防衛はどうあるべきかについて、引き続きインタビューした。
伊藤貫氏インタビュー
(いとう・かん)1953年生まれ。東京大学経済学部卒。コーネル大学でアメリカ政治史・国際関係論を学び、ビジネス・コンサルティング会社で国際政治・金融アナリストとして勤務。著書『中国の核戦力に日本は屈服する』(小学館101新書)、『自主防衛を急げ』(日下公人氏との共著、李白社)。
インタビュー全編(動画)はこちら

 

バランス・オブ・パワーで不利になった国は滅びる

 私自身は「核武装をする」というよりも「自主的な核抑止力を持つ」という言い方をしています。「核武装」と言うと、核ミサイルで他の国と撃ち合いをしたがっていると思われてしまいますが、あくまでも「やむを得ないから抑止をする」ということが目的だからです。

 日本の周りでは、北朝鮮もロシアも中国も核を持っているし、韓国も世論調査では、6割から8割の人が「核を持ちたい」と言っています。しかも、大半の韓国人は、統一朝鮮ができた場合も北の核を放棄しないと言っています。

 そうすると、日本の周りは核武装国ばかりになってしまいます。我々は「それで生きていけるのか、それとも抑止力を持つべきか」という問題に直面しているわけです。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年8月号  著名知識人  伊藤貫  核武装  核抑止力  北朝鮮  ロシア  中国  アメリカ  バランス・オブ・パワー  東風31A  潜水艦  巡航核ミサイル  

Menu

Language