【第1部-1】憲法9条で国は守れるか <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

【第1部-1】憲法9条で国は守れるか <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

2011年7月号記事

 

 

大震災、尖閣事件、 北朝鮮ミサイル──。

もし憲法9条で国を守れるとしたら

 

戦後60年を超える日本の平和は、いったい何がもたらしたのだろう。

9条に象徴される平和憲法のおかげなのか。

それとも、日米安全保障で日本に点在する米軍基地なのか。

日本は今、この問いかけに真剣に答えを出す必要に迫られている。

最近になって国防を揺るがす大事件が頻発しているからだ。

沖縄の米軍基地の移転問題もそうだし

尖閣諸島の中国漁船との衝突事件や

北方領土問題でロシアが強硬姿勢に転じたこともそうだ。

一昨年には北朝鮮がミサイルを撃ってきたし、今年は東日本大震災で大惨事となった。

憲法を守ることで、こうした国難にどこまで対処できるのか。

各界識者のインタビューを交えつつ

憲法をめぐるいくつかの論点を整理し、あるべき憲法について考えてみたい。

(編集部 村上俊樹、吉川枝里、山下格史)

illustration:川辺蓮

 

目 次
第1部 憲法9条で国は守れるか
  • 守れる派 伊藤真
  • 守れない派 本誌編集部&小林節
第2部 こんなにある!“違憲”な制度と法律
第3部 それでも改憲は必要だ

 

 

第1部 憲法9条で国は守れるか

世界に誇る平和憲法の象徴である第9条で、本当に国を守れるのか。そのままで守れると考える護憲派と、条件付きなら現行憲法でも

守れると考える新護憲派の見解を対比させてみた。

 

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年7月号記事  著名知識人  憲法9条  国を守る  伊藤真  伊藤塾  戦争  平和  

Menu

Language