日本の教育経営再建プラン (後編)

日本の教育経営再建プラン (後編)

2011年6月号記事

 

 

屋山太郎氏識者インタビュー(2)

政治評論家  屋山太郎(ややま・たろう)

1932年、福岡市生まれ。東北大学を卒業後、59年時事通信社に入社。政治部記者、ローマ特派員、編集委員兼解説委員などを歴任して、現在に至る。81年に第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画。以後、第一~三次行政改革推進審議会専門委員、臨時教育審議会専門委員などを務め、国鉄の分割民営化等に尽力。一貫して政治改革や行政改革を訴え続けてきた。著書に『JAL再生の嘘』(PHP研究所)などがある。

日教組は「いかに楽をするか」を考える

 なぜ公立学校が駄目になっていくかというと、校長や教師たちが頑張っても頑張らなくても給料が保障されているからなんです。地方公務員なので、給料は人事院勧告に準拠して決められている。基本的には民間企業の水準より多い。

 こうしたなかで日教組が何をするかというと、労働をスカスカにする。つまり、「いかに楽をするか」を考えるわけです。

 たとえば、勤務時間内に組合活動をやったり、「自宅研修」と称して生徒と同じように春休みや夏休みをとったりして、給料は減らされないようにしながら労働時間を減らそうとする。ゆとり教育なんて日教組の願いが実現したようなもので、教える内容や授業時間を少なくして教育をスカスカにしただけ。


民間委託で作業が16倍に

 こうした体質は、公営企業の旧国鉄や、半官半民だったJALも酷似してる。

 たとえば国鉄時代、新幹線の窓ガラスをはめる作業は8人がかりで一日4枚だった。あまりに効率が悪いので、国鉄当局がその作業を民間に委託したら、2人で一日16枚こなした。一人当たり一日0・5枚だったものが8枚に増えたわけだから作業が16倍速くなった。これが国労・動労の組合員26万人分あったと考えたら相当な無駄ですよね。

 JALも同じ。民営化以前は、スチュワーデスは自宅から空港までハイヤー使って、民営化後もタクシー使ってた。赤字問題が騒がれてからようやく電車通勤になった。当たり前ですよ。

 要するに、国に保護されたり、頑張っても給料が変わらない業界では、金さえもらえれば別に努力する必要なんてないと、人間が腐っていくんですよね。

 

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年6月号記事  著名知識人  教育  加藤寛  屋山太郎  氏家康二  サッチャー  ビル・ゲイツ  公教育  学校    文科省  いじめ  私立  公立    

Menu

Language