日本を蝕む3つの危機(第2部)

日本を蝕む3つの危機(第2部)

 

2011年6月号記事

 

 

第2部 日本を蝕む3つの危機

 

 

(1)「成長はいらない」という思想──社会主義が復活する

 

 「節電」と「自粛」。

 3・11後の経済は、まさにこの二つの言葉に象徴される。

 しかし、街灯の消えた幹線道路、暗い駅構内、明かりを消した飲食店、マイクを使わない店舗の呼び込み、不自然なほど静かな選挙活動──と、街から活気がすっかり失われてしまった。残業はなくなり、休業で自宅待機するビジネスパーソンも多い。花見やお祭り、スポーツイベントも、なぜかタブーに。

 むろん原発事故などで東京電力の電力供給が約4割もダウンしたため、ある程度の節電は必要だ。しかし、国民挙げての節電の結果、計画停電は思うほどには実施されず、4月6日に原則廃止とすることが決定された。結局、節電も自粛も明らかに「やり過ぎ」だったわけだ。

 「津波後の日本は自粛という新たな脅迫観念に襲われた」

 3月28日付米ニューヨーク・タイムズ紙は、こう題して、「もともと停滞していた日本経済に(過剰な自粛が)侵食効果をもたらし、倒産を急増させるだろう」と訴えた。

 実際、内閣府が8日に発表した景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断DI(注1)が前月比で20・7ポイントの低下と、2000年の調査開始以来、最大の落ち込みを記録している。

 

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年6月号記事  尖閣諸島  中国  社会主義  節電  マルクス  震災  国防  

Menu

Language