震災犠牲者の魂は こうして救われる -被災者が知っておきたい大切なこと-

震災犠牲者の魂は こうして救われる -被災者が知っておきたい大切なこと-

2011年6月号記事

 

 

震災復興への歩みが始まるなか

この世を去った人の魂は

そして遺された人々の心は今

奈辺にあるのだろうか。

被災された方たちの心象は

察するに余りある。

しかし

大切な人を亡くした人に

どうしても

知ってほしい真実がある。

(編集部・近藤雅之)

 

 

 

 「あの時荷物などに目を呉くれずに、私と一緒に逃げたなら、こうなるものでもなかったでしょうに(中略)、私共を逃がした後、一人逃げおくれて死ぬ其時の夫の心持はどんなであったでしょう。などと思いつづけては不覚の涙に呉れました」

 これは、1923年の関東大震災で被災した松本ノブさんの手記の一部だ(古今書院刊『手記で読む関東大震災』)。突然の災害で大切な人を失ったときの無念さは、時代が変わっても重なるものがあるのだろう。

 今回の東日本大震災では、死者・行方不明者が2万7千人を越えた。1カ月以上が経った今、ライフラインの復旧から仮設住宅の建設、学校授業の再開、雇用支援など、被災地では徐々に復興が進んでいる。

 だが、その一方で、大切な人を亡くした人たちは今後、どのように生きてゆくことになるのだろうか。

 大阪府から派遣されて被災地支援にあたった医師、看護師らによって4月15日に大阪赤十字会館で開かれた報告会では、「今は地域で支え合おうという雰囲気があるが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)が長期に渡ることが考えられるため、継続的な精神的ケアが必要」「カウンセリングの基本は共感。今回の災害はあまりに大きいため、ひたすら傾聴することが大切」などの意見が出された。

 心のケアについては、精神科医などが各メディアで「被災者の心の症状をよく理解し、できるだけそばにいてあげること」「安易な慰めではなく、被災者の自尊心を尊重すること」などを提案している。

 周囲の人に話を聞いてもらうことで心が安らぐ面はあるだろう。ただ、自らの人生を襲った悲劇は一人ひとりの現実であり、被災者は今後、それと向き合っていくことになる。誰もその立場そのものを代わることはできない。

 しかし、悲しみや絶望、喪失感の底に打ち沈む前に、どうしても知っておいてほしい真実がある。それは、「死は永遠の別れではない」ということだ。

 95年の阪神・淡路大震災で両親を亡くしながらも、その真実を心の支えにした斉藤佳代さんに話を聞いた。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年6月号記事  阪神大震災  震災復興  あの世    導きの霊  三途の川  あの世の学校  那須精舎  来世幸福園  祈り  遺族  供養  

Menu

Language