脳死臓器移植を 美化すべきではない

脳死臓器移植を 美化すべきではない

 

2011年6月号記事

 

 改正臓器移植法に基づいて脳死と判定された10代前半の少年を提供者とする臓器移植手術が4月13、14日、行われた。15歳未満で脳死判定を受けた例は今回が初めてで、心臓、両肺、肝臓など、提供された臓器は計5人の患者にそれぞれ移植された。「臓器移植の新しい扉が開かれた」など、ほとんどのメディアは今回の件を美談として大々的に報じた。難病や重病を抱え、臓器提供の機会を待っている人やその家族にとって、臓器移植はまさに一縷(いちる)の望みだろう。また、他の患者の救いになればと、臓器提供に承諾した家族の心情は重く受け止めるべきではある。

 しかし、97年に臓器移植法が成立した当初から本誌で繰り返し訴えているとおり、脳死は人の死ではない。脳死移植は推進すべきではなく、再生医療の進歩などによって難病や重病の克服を目指すべきだ。

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年6月号記事  脳死臓器移  脳死者    臓器移 植の自国内完結  WTO  世界保険機関  死の定義  

Menu

Language