増税ありきで議論される復興財源の不思議

増税ありきで議論される復興財源の不思議

2011年6月号記事

 

 

増税ありきで議論される復興財源の不思議

 

 東日本大震災で、鉄道の復旧が遅れ、電力供給も不足し、経済活動が大幅に停滞しているというのに、政府は本気で「増税」を狙っているようだ。

 震災の1カ月後、鳴り物入りで発足した復興構想会議では、14日の初会合で、五

い おきべ百旗頭真議長がいきなり「震災復興税」の創設を提起した。民主党からも、消費税や所得税、法人税などを一定期間増税する案を検討しているという。

 彼らの考えでは、消費税を2%上げれば年間5兆円の税収が見込めるため、5年で25兆円の財源が確保できるという。

 しかし、現実にはそんなにうまくいかないだろう。現在、消費税収は10兆円を切っており、実際は1%当たり2兆円の税収にもならない。ただでさえ震災でダメージを受け

ている日本経済に2%もの増税を図れば、景気はさらに冷え込んでしまう。しかも、消費税の場合、実務上、被災者を増税の対象外にすることが難しい。仮に対象から外せたとしても、その分税収が減るため、計算の前提が崩れる。

 1997年に2%消費税を上げた時は、好景気だったにもかかわらず、不況を招き、かえって税収を落としている。デフレが本格化したのはこの頃からだ。つまり、不況下の増税は、禁じ手なのだ。震災直後に増税の議論を出すこと自体、正気の沙汰ではない。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年6月号記事  増税  復興財源  東日本大震災  震災復興税  消費税  所得税  法人税  日銀  

Menu

Language