大統領選投票日にトランプが勝っても、郵便投票でバイデンが逆転!? 民主党が描くシナリオ

大統領選投票日にトランプが勝っても、郵便投票でバイデンが逆転!? 民主党が描くシナリオ

ニューヨーク市長時代のブルームバーグ氏。写真:rblfmr / Shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  • 米大統領選挙で激戦州となるフロリダで、民主党陣営が買収?
  • 激戦州のペンシルバニアでは、トランプ氏に投じた投票用紙がゴミ箱で見つかる
  • 民主党は「赤の幻想」シナリオを描くが、トランプ氏にはそれを覆す"秘策"も

 

 

米大統領選挙の投票日まで1カ月余りとなり、共和党・民主党の両陣営は総力戦に出ています。特に、フロリダ州、ペンシルベニア州、ミシガン州、ノースカロライナ州、ウィスコンシン州、アリゾナ州の6州は激戦となり、両陣営とも力を入れています。

 

これらの州は、2016年の大統領選で現職のトランプ大統領が勝利したものの、12年の選挙では、民主党のオバマ前大統領が勝利した地域。共和党と民主党のどちらに転ぶかは、最後まで分かりません。

 

大統領選は、全米50州と首都ワシントンに割り当てられた計538人の選挙人の合計数を競う形式です。それぞれの州で1位になった候補者が、その州の選挙人を全て獲得するため(メーン州とネブラスカ州を除く)、たった数人の選挙人が命取りとなります。

 

6州それぞれの選挙人は、以下の通り。フロリダ州が29人、ペンシルベニア州が20人、ミシガン州が16人、ノースカロライナ州が15人、ウィスコンシン州が10人、アリゾナ州が11人です。

 

特に、選挙人が多いフロリダ州はキーファクターです。ロイターとイプソスが23日に公表した世論調査によると、同州での両候補の支持率はともに47%で拮抗しているとのこと。トランプ氏が巻き返す可能性は十分にあります。

 

そんな大統領選の結果を左右し得るフロリダ州で、民主党陣営が公然と"買収"を進めているという問題が浮上しています。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 大統領選  トランプ  バイデン  買収  元重罪人  ブルームバーグ  郵便投票  最高裁  

Menu

Language