アメリカで進む黒人の保守化 民主党の"票田システム"が崩壊か

アメリカで進む黒人の保守化 民主党の"票田システム"が崩壊か

民主党議員でありながら、8月24日の共和党全国大会でトランプ支持の演説を行うバーノン・ジョーンズ氏。提供:2020 Republican National Convention/ロイター/アフロ

 

《本記事のポイント》

  • トランプ大統領の就任以降、共和党支持を公言する黒人が増加
  • 差別反対を叫びながら、黒人を票田にしておきたい民主党の欺瞞が明かされつつある
  • 自助努力による「神仏の子」としての喜びこそ、差別をなくす心

 

 

全米に広がる人種差別反対の抗議デモ(ブラック・ライブズ・マター)を見ていると、アフリカ系アメリカ人の多くが過激なリベラルであるように思いがちです。

 

しかし、米ピュー・リサーチ・センサーが1月に行った世論調査によると、回答した黒人の43%が穏健派、25%が保守を自認しています。自らをリベラルだと答えた人は29%で、過半数にも及びません。

 

加えて実は、2016年にドナルド・トランプ大統領が就任して以来、共和党支持を公言する黒人が目に見えて増えています。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: トランプ大統領  バイデン  民主党  共和党  黒人  抗議デモ  自助努力  保守  有色人種  偽善  

Menu

Language