バイデンと中国の"蜜月関係" 一家の汚職に迫るドキュメンタリー映画が公開

バイデンと中国の"蜜月関係" 一家の汚職に迫るドキュメンタリー映画が公開

写真:Spike Johnson / Shutterstock.com

 

米大統領選が11月に迫る中、対中外交が争点の一つとなっています。

 

中国政府による「香港国家安全維持法」の施行や新型コロナウィルスをめぐる隠ぺい工作などにより、全米で中国への不信感が高まり、対中融和を主張してきた民主党であっても、強硬に転じなければ支持者を失いかねない状況です。

 

そのため、かつて「中国は敵ではない」「中国が力を増していることは中国人民だけでなく、アメリカや全世界にとってプラスだ」などと親中的な発言を繰り返してきたジョー・バイデン氏も、トランプ政権をなぞるように対中強硬姿勢を示しています。

 

その"努力"の甲斐もあってか、「バイデン氏が当選しても、アメリカの反中路線は変わらない」とする声があがってきています。

 

しかし、ここで忘れてはならないことが、バイデン氏が副大統領時代に築いてきた中国政府との蜜月関係です。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: バイデン  中国  汚職  龍に乗る  バイデン一家と中国の秘密  秘密の帝国  人権弾圧  ウクライナ疑惑  

Menu

Language