行基は二宮尊徳に生まれ変わっていた! 暗黒の時代に奇跡を起こす秘訣とは─ - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

 行基は二宮尊徳に生まれ変わっていた! 暗黒の時代に奇跡を起こす秘訣とは─ - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

二宮尊徳(1787~1856年)行基(668~749年)。イラスト:菊池としを、写真:beeboys / Shut terstock.com

 

2020年10月号記事

 

新 過去世物語 人は生まれ変わる

 

行基は二宮尊徳に生まれ変わっていた!

暗黒の時代に奇跡を起こす秘訣とは─

 

人は、何度も生まれ変わりながら、魂を磨き、人格を向上させていく永遠の存在。 その生まれ変わりの過程は、一人ひとりの個性によって彩られた物語となる。 幸福の科学の霊査で明らかになった著名人の「過去世」をひもとけば、時を超えて輝く魂の性質が見えてくる。

 

 

 気が滅入るような時代になってきた。

 国民は常にコロナ感染の恐怖に怯える。自粛ムードの中で消費は減退し、多くの企業はダウン寸前。「戦後最悪の大失業時代が来る」と予想される中でコロナ第二波、第三波がたたみかける可能性もささやかれる。

「疫病・飢饉の時代」といえば少し前まで、歴史上の話だった。しかし令和日本に、同じような暗雲が立ち込める─。

 しかし私たちは歴史の中に、そうした時代を生き抜いた先人の智慧を求めることができる。

 本記事で紹介するのは、行基菩薩と称される天平の高僧。天然痘が猛威を振るった奈良時代、民衆を心身共に救済し、大仏建立という大事業に導いた。

幸福の科学の霊査によるとその魂は、江戸時代に飢饉のなか無数の農村を復興させた農政家・二宮尊徳として生まれた可能性が高い。

 この二人に共通する、暗黒の時代に奇跡を起こす秘訣─それは、民衆一人ひとりの可能性や善性を信じ、開花させることだった。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

疫病・不作などから国を護る大仏建立

給付金よりも、勤労の喜びを教える

奇跡を起こす、自助の精神と布施の精神

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年10月号記事  過去世物語  行基  功徳  二宮尊徳  東大寺  大仏建立  天然痘  減税  積小為大  給付金  報徳仕法  奇跡  

Menu

Language