領海侵犯を常態化させる中国 防衛の専門家が日本に必要な「覚悟」を語る

領海侵犯を常態化させる中国 防衛の専門家が日本に必要な「覚悟」を語る

 

(公財)未来工学研究所 研究参与

西山 淳一

(にしやま・じゅんいち)1946年、北海道生まれ。北海道大学大学院工学研究科を卒業後、三菱重工業に入社。航空宇宙技術の設計開発などに従事し、航空宇宙事業本部副事業本部長、事業本部顧問を経て退職。2012年から現職。

中国がコロナ禍につけこみ、日本に対する挑発行為を加速させています。

 

尖閣諸島周辺における領海侵犯を常態化させ、沖ノ鳥島周辺でも中国の海洋調査船が航行。奄美大島沖の接続水域内では中国籍と推定される潜水艦が潜航しました。

 

国土を護るため、防衛力の増強が急務です。

 

本欄では、本誌8月号「広島の『大和復活』が日本を護る」で紹介しきれなかった、未来工学研究所研究参与・西山淳一氏のインタビューをお届けします。西山氏は、三菱重工業で長年、防衛・宇宙産業に携わってきた専門家です。

 

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 領海侵犯  中国  尖閣諸島  沖ノ鳥島  西山淳一  三菱重工業  防衛産業  ミサイル  武器  JAXA  宇宙技術  著名知識人  

Menu

Language