自民党 巨大買収帝国の最期

自民党 巨大買収帝国の最期

写真:ロイター/アフロ、写真:日刊現代/アフロ

 

2020年9月号記事

 

自民党 巨大買収帝国の最期

 

昔は選挙前になると票がお金で買われることも多かったという。
残念なことに、それは過去の話とはなっていなかった。
今回の事件は、自民党帝国を築くために、「買収」し続けた歴史の必然的な終着点であり、
帝国の最期を招く引き金になるかもしれない─。

(編集部 長華子)

 

 東京地検特捜部は7月8日、昨年7月の参院選広島選挙区で、票の取りまとめを依頼するために地元議員ら100人に計約2900万円の現金を渡したとして、前法相の河井克行容疑者を公職選挙法違反の罪で起訴した。妻の案里容疑者についても、5人に対する計170万円の買収罪で起訴した。

 法相経験者が逮捕・起訴される事態は戦後初だ。克行被告は違法性の認識はないと主張するものの、結果として被告人が法の番人を務めていたことになる。

 当時、同じ選挙区だった現職の溝手顕正氏の10倍にあたる1億5千万円が自民党本部から案里氏側に渡される、異例の肩入れだった。真の狙いは、現職の溝手氏の落選だったとも言われている。溝手氏は、2012年に安倍首相が自民党総裁選に出馬した際に「過去の人」と評してこき下ろしてきた経緯などがある。

 そうした中で安倍政権は地元の反対を押し切り、県議としての実績がまだ十分でない案里氏を擁立。信頼のおける克行氏の妻を刺客として送りこんだと目される。

 

 

捜査は自民党本部まで及ぶのか

 1億5千万円のうち1億2千万円は、税金が原資となる政党交付金だという。克行氏は、買収の趣旨はなかったとし、党本部からの振り込みがバラマキの原資になったことを否定している。

 しかし案里氏の後援会長を務める町議は、克行氏から「安倍さんからです」と言われて現金を渡されたと証言しており、克行氏の弁明は空しく響く。

 公職選挙法上、「当選させる目的で克行氏に交付された金銭」については、ほぼ自動的に自民党本部側にいわゆる「交付罪」が成立する。

 その場合の意思決定者は少なくとも二階幹事長、または安倍首相となる。この点が本件の法律上の最大の問題点だが、事はこれだけにとどまらない。

 選挙の約3カ月前に、票の取りまとめを依頼する県議、市議、町議に現金を渡した今回のケースは、従来は違法とはされていなかった。いわばこれは自民党の通常の政治活動であり、これがクロなら、多くの自民党議員を逮捕しなければならなくなるからである。

 今回、検察はこの一線を越えた。これは自民党の利益誘導システムが丸ごと違法で、巨大買収帝国だと暗に認定したのに等しい。

 それでは、この「買収帝国」はどのようにしてでき上がってきたのだろうか。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

次ページからのポイント

田中角栄が築いた買収システム

JTR日本税制改革協議会 会長 内山 優氏インタビュー

桜を見る会、10万円の給付金は「集団買収」に当たる

ばら撒いたお金を増税で回収しようとしている

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年9月号記事  自民党  買収  増税  河井克行  著名知識人  政党交付金  田中角栄  内山優  桜を見る会  給付金  民主主義  国債  

Menu

Language