なぜ沖縄に米軍は必要か - 新連載 ニッポンの新常識 軍事学入門 2

なぜ沖縄に米軍は必要か - 新連載 ニッポンの新常識 軍事学入門 2

 

2020年9月号記事

 

ニッポンの新常識 軍事学入門

 

2 なぜ沖縄に米軍は必要か

 

社会の流れを正しく理解するための、「教養としての軍事学」について、

専門家のリレーインタビューをお届けする。

 

元航空自衛隊空将

織田 邦男

プロフィール

(おりた・くにお)1974年、防衛大学校卒。第6航空団司令官、航空支援集団司令官(イラク派遣航空部指揮官)などを歴任。現在、東洋学園大学客員教授、国家戦略研究所所長を務める。

 中国は、建国から100周年を迎える2049年までに、米ハワイより西の西太平洋を支配し、世界の超大国になることを国家目標として掲げています。しかし、中国が西太平洋に侵出しようとする際、沖縄が障壁となります。中国としては是が非でも沖縄を領有し、自由に海に出られるようにしたいのです。

 沖縄は、地理的な要因からも重要な地域です。半径1000キロメートルには、台湾と韓国の釜山が含まれます。

 中国が圧力をかける台湾に対し、沖縄から輸送機「オスプレイ」を飛ばせば、1時間強で到着できます。米軍が台湾海峡と朝鮮有事に即時に対応できる場所は、沖縄しかないのです。

 それに加えて、沖縄から半径2000キロメートルには、中国の首都・北京や、戦略原子力潜水艦の基地がある中国・海南島、朝鮮半島の全域、そしてフィリピンの大半が入ります。

 日本やアメリカにとって、台湾海峡や朝鮮半島、南シナ海の有事に対処するには、沖縄の基地は極めて重要です。

 

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年9月号記事  軍事学入門  織田邦男  沖縄  米軍  著名知識人  中国  台湾  海兵隊  南沙諸島  アメリカ  尖閣諸島  

Menu

Language