アメリカ大統領は大祭司!? 初代大統領ジョージ・ワシントンの信仰

アメリカ大統領は大祭司!? 初代大統領ジョージ・ワシントンの信仰

米ペンシルベニア州ヴァレー・フォージにあるジョージ・ワシントン像。写真:NicholasGeraldinePhotos / Shutterstock.com

 

トランプ大統領はこのほど、11月のアメリカ大統領選に向けて、3カ月ぶりとなる大規模集会を行いました。6700名の参加者が詰めかけ、会場は熱気に包まれました。マスコミは「想定より参加者が少なく、失敗だった」と報じていますが、コロナによる規制や警戒が厳しいことを考えると、大成功だったと言えるでしょう。

 

アメリカの宗教学者マイケル・ノヴァック博士は、著書『われらが王の選出──大統領政治の巨大な象徴』の中で、「アメリカの大統領は、ただ国のリーダーであるだけでなく、『王、預言者、祭司として国民に語りかけ、国民を代表する象徴』である」と指摘しています。

 

トランプ氏に熱烈なサポーターが多いのは、同氏が「宗教的な大祭司」の面を持っているからでもあるでしょう。

 

アメリカ国民は、「アメリカは神に選ばれた国家であり、特別な使命を持つ」と心中自負しており、世論調査によると、国民の8割は神の存在を信じています。そして大多数は、候補者がどんな信仰を持つのか、大きな関心を払って投票します。

 

宗教国家アメリカを建国した立役者は、初代大統領のジョージ・ワシントンです。彼がどのような信仰を持ち、"祭司″として国民に語りかけてきたのか、見てみましょう。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: アメリカ大統領  ジョージ・ワシントン  信仰  預言者  祭司  トランプ大統領  祈り  愛国主義  キリスト教    

Menu

Language