核の抑止力とは何か - 新連載 ニッポンの新常識 軍事学入門 1

核の抑止力とは何か - 新連載 ニッポンの新常識 軍事学入門 1

 

2020年8月号記事

 

新連載

 

ニッポンの新常識 軍事学入門

 

1 核の抑止力とは何か

 

今月号から始まる新連載。社会の流れを正しく理解するための、
「教養としての軍事学」について、専門家のリレーインタビューをお届けする。

 

 

元航空自衛隊空将

織田 邦男

プロフィール

(おりた・くにお)1974年、防衛大学校卒。第6航空団司令官、航空支援集団司令官(イラク派遣航空部指揮官)などを歴任。現在、東洋学園大学客員教授、国家戦略研究所所長を務める。

 抑止力の学問的な定義は、「相手がこちらに害を与えるような行動に出るならば、重大な打撃を与える意思と能力を持っていることを、あらかじめ相手に明示し、有害な行動に出るのを思いとどまらせる」ことです。

 つまり抑止力が成立するには、「十分な報復能力を持つこと」「報復の意思があると明示すること」「相手にそれを理解させること」が必要だというわけです。

 かつて旧ソ連が1975年に、米本土には届かないが、ヨーロッパ全域に届く中距離ミサイルを配備しました。当時のヨーロッパ諸国は、「スペインに核を撃ち込まれたら、アメリカは核で報復するのか?」という疑念を持ち、核武装の議論が紛糾。そこでアメリカは、イギリスやイタリアなどに中距離ミサイルを配備し、ソ連に対抗する構えをとります。

 これを受けソ連は、アメリカとの交渉のテーブルにつき、中距離ミサイルを廃棄する「中距離核戦力(ΙΝF)全廃条約」を締結。軍拡競争に歯止めがかかりました。これはひとえに、ヨーロッパが核の脅威を真剣に捉えて行動した結果、軍縮が実現した事例と言えます。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年8月号記事  軍事学入門  織田邦男  著名知識人  自衛隊  核抑止力  ミサイル  中国  敵基地攻撃  安全保障  六カ国協議  

Menu

Language