「翔んで埼玉」だけじゃない! 埼玉にだって「誇り」がある - 地域シリーズ 埼玉

「翔んで埼玉」だけじゃない!  埼玉にだって「誇り」がある - 地域シリーズ 埼玉

 

2020年7月号記事

 

地域シリーズ 埼玉

 

「翔んで埼玉」だけじゃない!

埼玉にだって「誇り」がある

 

少し前までは、愛郷心がないことで"有名"だった埼玉県は近年、映画「翔んで埼玉」で、一躍脚光を浴びる。
「埼玉愛」を発見すべく、埼玉県出身の記者が、埼玉に縁のある3人の人生に注目してみた。

(編集部 飯田知世)

 

 

学問

 

ヘレン・ケラーが仰いだ埼玉県人

20世紀で最も有名な「奇跡の人」ヘレン・ケラーにとって、埼玉は特別なところだった。

 

ヘレン・ケラーは生涯で3度、日本を訪れた。写真は、1948年の来日で箱根を訪れた時に撮られたもの。中央の女性がヘレン。写真:毎日新聞社/アフロ

 

 

「いつか日本に行ってみたい。日本に行ったら必ず埼玉を訪問したいと長い間思っていました。

その夢が、今日叶いました。それは、私が人生の目標とし、苦しく、辛く、挫けそうになった時に心の支えとした人が、この埼玉ゆかりの人物であったからです。その人の名は『ハナワ・ホキイチ』といいます」

 1937年4月30日、初来日したヘレン・ケラーは、埼玉会館での講演でそう語った。

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

塙 保己一とは─元・立正大学教授 堺 正一氏インタビュー

治水・江戸を洪水から救った埼玉

秩父の森で息づく 本多静六精神

埼玉で農業・江原宏司さんインタビュー

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年7月号記事  地域シリーズ  埼玉  ヘレン・ケラー  塙保己一  信仰心  失明  堺正一  洪水  利根川  本多静六  江原宏司  寄付  首都圏外郭放水路  著名知識人  

Menu

Language