習近平の本心が分かる チンギス・ハン 空前絶後の残虐さ - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

習近平の本心が分かる チンギス・ハン 空前絶後の残虐さ - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

チンギス・ハン 1162~1227年。モンゴル帝国の初代皇帝。習近平 1953年~。中華人民共和国主席。イラスト:菊池としを

 

2020年7月号記事

 

新 過去世物語 人は生まれ変わる

 

習近平の本心が分かる

チンギス・ハン 空前絶後の残虐さ

 

人は、何度も生まれ変わりながら、魂を磨き、人格を向上させていく永遠の存在。 その生まれ変わりの過程は、一人ひとりの個性によって彩られた物語となる。 幸福の科学の霊査で明らかになった著名人の「過去世」をひもとけば、時を超えて輝く魂の性質が見えてくる。

 

 

 この男、どこまでやるつもりなのか。

 中国共産党史上、"最強の独裁者"になりつつある習近平・国家主席。就任から8年と数カ月だが、短い間に世界が抱く中国のイメージをがらりと変えた。

 ウイグルにおける弾圧、南シナ海での軍事拡張、台湾・香港への圧力、経済構想「一帯一路」による影響力拡大─。覇権への野心を隠すことさえしなくなった。

 しかし今年、故意か過失か、武漢発の新型コロナウィルスを国内どころか、世界中に広げた。この悲劇がお灸をすえる─。そう思った人もいただろう。ところがどっこい、中国は涼しい顔で他国にマスクを輸出して恩を売る「マスク外交」を展開。さらに、世界の混乱に乗じて、「火事場泥棒」のように南シナ海や東シナでの軍事行動まで活発化させている。

 やることが、そんじょそこらの強権国家の域を超えている。私たちは今一度、この"中華皇帝"の本性を見据え、脇を固めるべきではないか。

 幸福の科学の霊査によると、習近平の過去世はチンギス・ハンである。ユーラシア大陸史上最大の領土を持つモンゴル帝国を興した人物だ。

 かつて「蒼き狼」と呼ばれた帝王が、「赤い龍」として、再びその野望を果たそうとしている─。だとすれば、世界は警戒レベルを、最高度に上げなければならない。

 ここでは、両者に共通する「世界支配の方法」を分析したい。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

第一の共通点「裏切り」

第二の共通点「分断工作」

第三の共通点「民族抹殺」

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年7月号記事  過去世物語  習近平  中国共産党  チンギス・ハン  アッシリア  民族浄化  内モンゴル自治区  虐殺  胡錦濤  裏切り  ウイグル  

Menu

Language