WHOは否定しているけれど…… コロナ感染、火葬国は少ない!? - ニュースのミカタ 4

WHOは否定しているけれど…… コロナ感染、火葬国は少ない!? - ニュースのミカタ 4

仏教では、釈迦が火葬されたこともあり、火葬が主流となっている。「肉体に執着を遺さない」という考え方が、背景にある。写真提供:ピクスタ

 

2020年6月号記事

 

ニュースのミカタ 4

文化

 

WHOは否定しているけれど……

コロナ感染、火葬国は少ない!?

 

 

 火葬国は、新型コロナウィルスの感染者が少ない─。そんな、少し気になる傾向があります(*1)。

 確かに、感染者の多いキリスト教圏の欧米も、イスラム教圏の中東も、「復活」の思想があり、「魂が戻ってくる場所を遺す」ため、土葬を行います。

 一方、世界保健機関(WHO)は、「今までに遺体経由のコロナ感染をした証拠がない」として、埋葬方法と感染の関係を否定しています(*2)。

(*1)4月中旬時点で、感染率上位28カ国の中で、火葬率80%以上の国は欧州3カ国のみ。
(*2)3月24日発表の「暫定手引」。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年6月号記事  ニュースのミカタ  新型コロナウィルス  感染者  WHO  土葬  火葬  感染経路    復活  土壌  動物  

Menu

Language