2020年代の「中国離脱」戦略Part02 新・ニッポンのものづくり中国に勝つ「未来産業革命」

2020年代の「中国離脱」戦略Part02 新・ニッポンのものづくり中国に勝つ「未来産業革命」

 

2020年3月号記事

 

2020年代の「中国離脱」戦略

 

中国バブル崩壊や、中東情勢などに端を発する世界同時不況の可能性──。

国際経済の見通しが不透明になる中、日本は最悪の事態に備えなければならない。

そこで重要になるのは、国内のお金の循環をよくし、将来の富を生む産業を創ることだ。

本特集では2つのパートに分けて、日本を繁栄に導く国家戦略に迫る。

 


contents

2020年代の「中国離脱」戦略Part02 新・ニッポンのものづくり中国に勝つ「未来産業革命」

2020年代の「中国離脱」戦略Part02 新・ニッポンのものづくり中国に勝つ「未来産業革命」


 

2020年代の「中国離脱」戦略 Part02

 

新・ニッポンのものづくり

中国に勝つ「未来産業革命」

 

中国経済の崩壊が間近に迫っている。日本経済を守るための長期的な解決策となるのが、

日本発の「未来産業革命」を起こすことだ。

(編集部 山本泉、塩澤沙智)

 

 

 Part01からの特集「地銀9割消滅!?」で、中国経済の崩壊が近づいており、その影響で日本の地方銀行の9割がなくなる恐れがあることを示した。

 日本は早急に対中依存をやめ、国力を高めていく必要がある。その具体的な方法は、次の通りだ。

 (1)消費税を減税し、消費を活発化させる。(2)日銀のマイナス金利をやめ、銀行の利益を守る。(3)中国発の金融危機が起きれば、邦銀の国有化や統廃合などを進め、ダメージを和らげる。(4)中国に進出する企業の国内回帰を進め、地銀がその支援にあたる。(5)長期で融資できる銀行を復活させ、未来産業を創る。

 本記事では、(5)の未来産業創りに焦点を当て、中国からGDP(国内総生産)2位の座を奪還し、ゆくゆくは世界一を目指すため、日本に「未来産業革命」を起こす方法について考えてみたい。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

技術を奪い、繁栄する中国

産業化に向けて日本が高めるべき力

Interview 情報技術イノベーション財団(ITIF)副理事長 スティーブン・エゼル氏

Interview 弁護士・東急取締役 小長 啓一氏

Interview 今、日本に求められる「創造的頭脳」清水 美裕氏

「創造的頭脳」になるためには

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年3月号記事  中国離脱  中国バブル崩壊  地銀  銀行  中東情勢  世界同時不況  お金の循環  産業  繁栄  国家戦略  マイナス金利  著名知識人  スティーブン・エゼル  小長啓一  清水美裕  創造的頭脳  

Menu

Language