山口敏太郎のX Report 【第89回】

山口敏太郎のX Report 【第89回】

 

2020年3月号記事

 

No. 089

 

山口敏太郎 X report

テレビなどで活躍する超常現象コメンテーターが
宇宙人、UFO、その他の超常現象をジャーナリスティックに検証する。

 

山口敏太郎

(やまぐち・びんたろう)1966年、徳島市生まれ。神奈川大学経済学部卒業。(株)山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。著書は『霊怪スポット 戦慄の最新ファイル』(KAWADE夢文庫)、『恐怖呪い姫~実話狂気怪談』(TO文庫)など多数。TV、ラジオに多数出演。真言宗信徒。メルマガ「山口敏太郎のサイバーアトランティア~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中。 http://foomii.com/00015

 

 

 

 2019年11月26日の午前8時半、米ワシントンD.C.の防空エリアに正体不明の物体が侵入したことが確認された。一時、ホワイトハウスと国会議事堂は閉鎖され、戦闘機とヘリコプターが出動する事態となった。

 この際、ホワイトハウスの敷地に隠されていた防空システムが確認され、注目を集めている。CBS NEWSがツイッターで公開した写真には、領空侵犯の一報を受けて姿を現した防空ミサイルが写っていた。

 今回、領空侵犯した飛行物体はかなり大きく、空中停止していたようだとFOXニュースは報じている。最終的に北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は、飛行物体を「飛行機」として識別したと発表した。国会議事堂警察はCNNに対し、気球か鳥であった可能性があると語っており、正体は不明のままだ。

 しかし鳥や気球、ドローンであれば、これまでも何度か検出されており、ここまでの防衛システムが発動されたことはないだろう。そのため一部からは「地球上の物体ではなく、UFOであったため、捕捉も撃墜もできず、公式発表ができなかったのでは」と指摘されている。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

発光体を投下するUFO!?

技術者の元を訪れたエイリアン

「火星に昆虫がいる」という発表

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年3月号記事  山口敏太郎  Xリポート  UFO  宇宙人  著名知識人  ウィリアム・ロモザー  火星  ディープ・プラサド  

Menu

Language