次期衆院選青森3区 幸福実現党・三國佑貴氏が出馬会見

次期衆院選青森3区 幸福実現党・三國佑貴氏が出馬会見

青森県庁で出馬会見を行う三國氏。

 

幸福実現党の三國佑貴(みくに・ゆうき)氏は17日、青森県庁で記者会見を開き、次期衆院選で幸福実現党の公認候補として、青森3区から出馬することを表明した。

 

今回の選挙は三國氏にとって、2016年の参院選、2017年の衆院選に続き、3回目の国政チャレンジとなる。

 

三國氏は、幸福実現党公認の地方議員が全国で38人、そのうち2人は青森県内で誕生していることに触れた上で、「先人の方々が残された仕事を乗り越えて、若い力で、新しい故郷を創っていきたい。次の世代につないでいきたい。青森の若い力で、故郷の皆様のお声を国会にお届けしていきたい」などと、出馬への決意を語った。

 

三國氏は、「故郷の未来を創る 津軽繁栄プラン2020」を掲げ、今選挙に挑む。主要政策は、以下の6つだ。

 

(1)故郷の安全・安心を守る

  • 「憲法9条」を改正し、自衛隊を「国防軍」として位置付ける。
  • 個人情報保護の観点から、地方自治体内での情報管理を強化する。
  • 安全保障の観点から、「スパイ防止法」を制定する。
  • 違法操業船や不審船の取り締まり、漂着木造船や海岸漂着物の処理など、日本海沿岸の警備体制を強化する。
  • 避難場所や避難経路を今一度見直し、地域全体で防災教育に取り組む。

 

(2)中小企業を全力で応援

  • 所得税、住民税、消費税、社会保険料等の合算が所得に占める「国民負担率」を20%台に下げる。
  • 相続税、贈与税をなくし、事業継承をしやすくする。
  • 給付型ではなく、積み立て型の新しい年金制度に移行する。

 

(3)農業・漁業を活性化させ、青森をもっと豊かに

  • 長期的にりんご産業を維持していくために、経営が困難になった農地を集約し、株式会社化する。
  • 青森りんごを輸出する販路を、アジアや中東、西洋諸国に拡大する。
  • りんごの黒星病への対策を強化する。

 

(4)故郷の未来を創る子供たちを育てる

  • 地域の偉人を大切にする歴史教育で、郷土愛を育てる。
  • いじめを根本的に解決するために、「いじめ防止対策推進法」を改正し、いじめの報告や対応を義務付け、放置、隠ぺいした教員に対する罰則規定を設ける。
  • 日本語学校の設立などで、県内にある廃校の校舎を有効活用する。

 

(5)夢を与える文化・芸能・美術・スポーツ関連事業に積極的に投資

  • 弘前市運動公園野球場(はるか夢球場)の有効活用。2030年までに青森県を本拠地とするプロ野球球団を招致する。
  • 地域活性化のため、青森の魅力を全国に発信し、文化・芸能事業を積極的に支援する。

 

(6)短命県返上に向けた健康長寿につながる取り組みを支援

  • 予防医学を普及し、がん死亡率、脳卒中死亡率を下げる。
  • 青森りんごの食育事業を支援する。

 

 

次の世代に誇れる故郷を遺す

三國氏は、故郷・青森への思いをこう力強く語っている。

 

「青森県は、作家の司馬遼太郎氏が『北のまほろば』と讃えたように、海の幸、山の幸に恵まれた土地です。また故郷には、温かい日本の心が息づいています。次の世代に誇れる故郷を遺していけるように、力を尽くしてまいります」

 

「安全保障の危機」「増税による中小企業の倒産」「人口減少」など、青森県が直面している問題に真正面から真摯に向き合い、「故郷の皆様の幸福を実現したい」と語る三國氏。次の世代の政治家に必要なのは、そうした「誠実さ」ではないだろうか。

 

【関連書籍】

『幸福実現党宣言』

『幸福実現党宣言』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

【関連記事】

2019年12月23日付本欄 幸福実現党 釈量子党首が衆院選に向けて記者会見 第一次公認決定者を発表

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16623

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 衆院選  幸福実現党  三國佑貴  青森県  出馬  自衛隊  憲法9条  いじめ防止  

Menu

Language