「老人ホームの代わりに大学へ」 アメリカで広がる新たなシニアライフ

「老人ホームの代わりに大学へ」 アメリカで広がる新たなシニアライフ

 

アメリカのシニア層の中に、「老人ホームの代わりに大学の中に住む」という人々が現れています。

 

アメリカでは、高校を卒業する生徒の数は2025年をピークに減っていくことが予想されています。そこで各大学が進めているのが「高齢者用住宅」の建設です。大学にとっては、土地という資産を生かし、財務を安定させるための戦略の一つです。

 

このほど米WSJ紙の記事の中では、アリゾナ州立大学の高齢者用住居に入居した、幼児教育を専門とする教授で72歳の女性を紹介しています。この女性は「学ぶのにこれ以上の環境はない」と期待を語っています。

 

同紙は、「多くの大学が、キャンパス内やその近くに高齢者用の住宅施設を用意する準備がある。ベビーブーマーの世代で、老人ホームでビンゴゲームをする代わりに、大学に行った方が刺激になると思う人々を受け入れるため」と評しています。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 生涯現役  老後  ドラッカー  寿命  老人ホーム  ラッセル大学  

Menu

Language