医療ミッションを果たすための組織づくり - Interview 國井 修

医療ミッションを果たすための組織づくり - Interview 國井 修

写真:Joseph Sohm / Shutterstock.com

 

2020年2月号記事

 

Book

著者Interview

 

医療ミッションを果たすための組織づくり

 

『世界最強組織のつくり方』を著した医師に、組織づくりのポイントについて語ってもらった。

 

グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)
戦略・投資・効果局長

國井 修

プロフィール

(くにい・おさむ)1962年生まれ。1988年自治医大卒、医学博士(東京大学)。民(AMDA副代表)、官(外務省課長補佐)、学(長崎大学教授)、国連(ユニセフ保健戦略上席アドバイザー)などを通じて、アジア、アフリカ、中南米など110カ国以上で、人道支援や感染症対策、保健政策の実践や人材育成に従事。

 1990年代、エイズ、結核、マラリアの三大感染症が世界中で猛威を振るい、年間500万人もの人命を奪ってきた。この問題を解決するため、2000年に設立されたのが、国際基金「グローバルファンド(GF)」だ。

 GFは、世界にもたらしたインパクトや透明性、説明能力の高さから、「世界最強の組織の一つ」と評されている。

『世界最強組織のつくり方』の著者・國井修氏は、GFの約10人の幹部の一人。國井氏に、組織づくりの要点について聞いた。

 

◆             ◆              ◆

 

──GFとは、どのような国際機関ですか。

國井氏(以下、國): 三大感染症の克服のため、最大の効果が出るメカニズムをつくっています。そして政府や国連などの国際機関、ビル&メリンダ・ゲイツ財団などの民間NPOなどとパートナーシップを結び、世界130カ国以上で事業を進めています。

 2019年10月にフランスで開かれた会合で、各団体からGFに対し、今後3年間で140億ドル(約1兆5000億円)以上の資金提供が約束されました。今も感染症で何千万人もの人が苦しんでおり、毎日7千人が亡くなっています。日々、「一人でも多くの人を救い、信頼とニーズに応えたい」と強く願って活動しています。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年2月号  著者インタビュー  世界最強組織のつくり方  國井修  GF  グローバルファンド  国際基金  医療  エイズ  感染症  著名知識人  

Menu

Language