映画監督 Interview - 「だれもが愛しいチャンピオン」 ハビエル・フェセル

映画監督 Interview - 「だれもが愛しいチャンピオン」 ハビエル・フェセル

 

2020年2月号記事

 

Movie 映画監督 Interview

 

「だれもが愛しいチャンピオン」
監督・共同脚本・編集/ハビエル・フェセル

"違い"を尊重すれば強力な「チーム」ができるはずです

 

 本国スペインで公開されるや大反響を呼び、2018年の年間興行収入第1位に輝いた映画「だれもが愛しいチャンピオン」。

 短気が災いしてプロ・バスケットボールチームのサブコーチを解雇されたマルコ。その彼が、知的障害を持つ人々で構成されるバスケチーム「アミーゴス」の指導を通じて、メンバーとともに成長していく姿を描く。本作はアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたほか、スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞の11部門にノミネートされ、作品賞ほか3部門を受賞した。

 2019年12月27日から日本でも公開される本作のハビエル・フェセル監督に、作品に込めた思いを聞いた。

 

【公開日】
2019年12月27日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
【配給等】
配給:シンカ
【スタッフ】
監督・共同脚本・編集:ハビエル・フェセル
【キャスト】
出演:ハビエル・グティエレス、アテネア・マタ、フアン・マルガージョほか

 

Story

プロ・バスケットボールチームを解雇され、知的障害者たちのバスケチーム「アミーゴス」を指導することになったマルコ。最初は嫌々だったが、自由過ぎる彼らのユーモアや純粋さに触れて一念発起し、アミーゴスは全国大会でまさかの快進撃を見せる……。予想を超えた感動のラストが、"チャンピオン"という言葉の本当の意味を教えてくれる感動作。

 

ハビエル・フェセル監督の【インタビュー】は次ページ(有料)でご覧いただけます。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年2月号記事  シネマ  インタビュー  だれもが愛しいチャンピオン  ハビエル・フェセル  障害者  ゴヤ賞  チーム  

Menu

Language