「2019年英総選挙」をどう見るか もしも労働党が勝っていたら?

「2019年英総選挙」をどう見るか もしも労働党が勝っていたら?

左:保守党党首のボリス・ジョンソン大統領、右:労働党党首のジェレミー・コービン氏。写真:Michael Tubi / Shutterstock.com、ComposedPix / Shutterstock.com。

 

12日にイギリス総選挙が行われ、ボリス・ジョンソン首相率いる与党・保守党が勝利しました。過半数を占めた保守党は、今年10月にEUと合意した離脱協定を議会で通過させ、2020年1月末までにEUを離脱したい考えです。

 

離脱が決定した2016年6月の国民投票から3年半。ついに離脱なるかと、全世界がイギリスの動向に注視しています。

 

ですが、「遠いヨーロッパの話」に、あまりピンときていない人もいるかもしれません。

 

本欄では、「もし最大野党の労働党が勝っていればどうなっていたか」という観点から、今回の総選挙の意味を解説します。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: イギリス  総選挙  国民投票  労働党  ジョンソン大統領  増税  社会主義  無償化  

Menu

Language