バブル崩壊の2000年代の「金融緩和」を振り返る

バブル崩壊の2000年代の「金融緩和」を振り返る

写真:Shutterstock.com

 

1990年前後のバブル崩壊以降、日本が初めて好景気を経験したのが、2000年の小泉政権の時期です。その期間に日銀総裁をつとめ、量的金融緩和政策を進めていたのが、福井俊彦氏でした。

 

29日付日経新聞は、福井氏の口述回顧を紹介し、「量的緩和後の利上げが不十分だった」などとの発言を紹介しています。

 

福井氏の経験に基づき、日銀の緩和策について「教訓を学ぶべき」との指摘もなされています。当時はどのような状況だったのでしょうか。

 

 

久々の金融緩和が続いていた時期

バブル崩壊後、1990年以降、10年近く金融引き締めが続いていました。日銀の政策によって、銀行が貸し出せる資金の量が減って不動産取引の抑制につながり、バブルが崩壊。銀行が企業に貸した資金を引き揚げる「貸しはがし」や、融資を渋る「貸し渋り」が行われ、景気は低迷し続けました。この間、経済成長は伸び悩んでいます。

 

そこが方向転換したのが、98年に就任した速水優総裁の時です。IT産業の発展が見込まれていた2000年8月に、ゼロ金利を決定。これにより、お金の貸し出しが活発になり「デフレ懸念の払しょくが展望できる」としたのです。デフレを克服し、モノの値段が上がり、賃金が上がっていけば、経済成長につながる、と判断したためです。

 

その後、日本経済は好調となり、日経平均株価も2万円を超えていました。ところが、IT景気が「はじけた」後、株価は下落し、景気は後退していきました。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: バブル崩壊  金融緩和  日銀総裁  福井俊彦  黒田東彦  デフレ  異次元緩和  アベノミクス  

Menu

Language