今度は台湾を見捨てない - 1月総統選後に迫る危機

今度は台湾を見捨てない - 1月総統選後に迫る危機

 

2020年1月号記事

 

1月総統選後に迫る危機

今度は台湾を見捨てない

 

2020年1月、台湾では総統選が行われる。

台湾の現状と、日本の関わり方について考えた。

(編集部 飯田知世)

 

 明治神宮に行きたい」─。

 今から12年前、中学生だった筆者の家にホームステイに来た台湾人の女子中学生Yさんは、そう口にした。正直、動揺した。「日本はアジアの人たちに悪いことをした」。当時は漠然とそう思っていたからだ。

 Yさんのおじいさんは、日本統治時代に日本の大学を卒業し、志願して従軍した知日派。その影響でYさんも、日本の歴史に興味を持つようになったという。

 台湾人のYさんやおじいさんの方が、日本人よりも日本をよく知っている……。筆者は自然と台湾に興味を持ち、何度も足を運んだ。5年前に学生運動(*)が起きた時は、同世代の若者が中国を拒絶する姿を目の当たりにした。台湾は、中国と違う価値観を大切にする別の「国」だ。

 Yさんと出会ってから12年。改めて調べ直すと、台湾を取り巻く状況が大きく変化していることに気付かされた。

(*)馬英九政権が2014年3月、台湾と中国の貿易を促す「サービス貿易協定」を強行採決しようとしたことに、学生を中心に約50万人の市民が立法院(国会)を占拠して抗議した。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

台湾が直面する危機

総統選で決まる、これからの台湾

Interview 中国は台湾にすでに戦争を仕掛けている / 邱 伯浩氏

トランプ政権で具体化するアメリカの台湾支援

台湾から頼りにされる日本へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年1月号記事  台湾  総統選  韓国瑜  蔡英文  危機  中国  著名知識人  邱伯浩  トランプ政権  習近平  香港  デモ  米軍  

Menu

Language