生産移転で経済好調なベトナム 「東洋の盟主」として日本が果たすべき使命

写真:Artit Wongpradu / Shutterstock.com

 

米中貿易戦争が勃発して以降、中国からベトナムへの生産移転が急増しています。例えば、日本の大手電機メーカーのシャープや京セラは、パソコンやコピー機などの生産拠点を中国からベトナムに移転するとしています。

 

ベトナム経済が好調である一方、中国の経済的影響力の高まりを不安視する声も強まっています。

 

ベトナム政府は中国の進める「一帯一路」構想を支持し、参加を表明してきました。その一方で、インフラ開発プロジェクトの実施には極めて慎重です。

 

ただ、ベトナムは中国と地続きで、経済的にも強い結びつきがあるため、完全に対立するわけにもいきません。そのため、日米が推進する「自由で開かれたインド太平洋」のビジョンにも、一般的な支持を表明するにとどまっています。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

2019年10月6日 デイリーニュースクリップ一覧


Menu

Language