米大統領選のお約束となった「UFO情報公約」 サンダース候補も公開を約束

米大統領選のお約束となった「UFO情報公約」 サンダース候補も公開を約束

 

《本記事のポイント》

  • バーニー・サンダース上院議員がUFO情報公開を約束
  • 大統領が「UFO情報の開示」公約を実現できない理由
  • 知ってしまったら怖くて公表できない!?

 

アメリカ大統領選が近づくと、候補者がインタビューなどで必ず聞かれるのが、「アメリカ政府が持っている宇宙人・UFO情報」についてだ。

 

民主党から出馬を表明しているバーニー・サンダース上院議員がこのほど、人気ポッドキャスト「Joe Rogan Experience」で、「もし大統領になったら、宇宙人やUFOについて情報公開してくれますか」と問われたのに対し、「私の妻も開示を求めるだろう」と答えた。

 

司会のジョー・ローガン氏が「あなたの奥様はUFOファンなのですか?」と問うと、サンダース議員は「そうではないのだが、彼女が『一体何が起こっているの? あなたには情報にアクセスする権限がないの?』と聞くのですよ」「実際、私にはその権限がないんです」と言い、「よろしい。(何か分かれば)この番組でお伝えしましょう。これでいかがです?」と約束した。

 

サンダース議員のように、「もし自分が大統領になったら、アメリカが隠し持っている宇宙人・UFO情報を開示する」と約束した候補者は何人もいる。最近ではヒラリー・クリントン氏がいた。

 

ジミー・カーター元大統領も「UFO情報の開示」を公約に掲げて大統領となった。しかし、実際に大統領になるとピタッと黙り込んだ。戦後、情報公開法による開示請求で明らかになっただけでも、アメリカの大統領たちが何らかの形で宇宙人・UFO案件に関わっているのが分かっている。しかし、実際に何かを開示できた大統領はいない。

 

いったいなぜだろうか。

 

これについては、「大統領にすらアクセスできないような、とてつもないUFO情報があるのではないか」という話もある。一方で、「大統領とUFO」を専門に研究しているUFO研究者のグラント・キャメロン氏は、「大統領は本当はそういったUFO情報にちゃんとアクセスしているのではないかと思う。しかし、ひとたび知ってしまうと、情報公開による影響力のあまりの大きさに公開できなくなってしまうのではないか」と語っている。

 

トランプ大統領は、UFO情報には無関心を決め込んでいるように見えるが、そうしたことも全て計算済みなのかもしれない。「私が大統領になれば情報公開する」と言うのは簡単。しかし、実行するのはそれほど簡単なことではないのだろう。(純)

 

【関連記事】

2016年4月25日付本欄 ヒラリー・クリントン氏の"UFO機密開示公約"

https://the-liberty.com/article.php?item_id=11259

 

2019年7月8日付本欄 トランプ大統領、本当は知っている? アメリカのUFO事情

https://the-liberty.com/article.php?item_id=15998

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 大統領  UFO  公約  開示  バーニー・サンダース  ジミー・カーター  ヒラリー・クリントン  

Menu

Language