中国の次はインドの時代? 宗教大国3つのタブー / 現地ルポ 第2弾

中国の次はインドの時代? 宗教大国3つのタブー / 現地ルポ 第2弾

 

2019年9月号記事

 

現地ルポ 第2弾

 

中国の次はインドの時代?

宗教大国3つのタブー

 

10年以内に、世界最多の人口を持つとされるインド。

「中国の次」の市場として、注目するビジネスマンも多いはずだ。

ただ、国内には多くの問題を抱える。

現地を訪れ、「ヒンドゥー至上主義」「カースト」「女性差別」という3つのタブーに迫った。

(編集部 片岡眞有子)

 

急激に人口が増えるインド

(国際連合「World Population Prospects」2019から、編集部作成)写真:ロイター/アフロ

 

INDIAN REALITY 1

 

知っておきたい

インドの宗教・政治

 

 

ヒンドゥー教

主な神々
ヴィシュヌ神
シヴァ神
ブラフマー神
カースト制
特徴
多神教
牛を神聖視
大きくヴィシュヌ派とシヴァ派に分かれる

 

イスラム教

信仰対象
アッラー
カースト制
特徴
人は神の前に平等で、人と神を仲介する聖職者はいないという教義
偶像崇拝を禁止
カーストから逃れるためにヒンドゥー教から改宗する人も

 

キリスト教

信仰対象
天なる父 イエス・キリスト
カースト制
特徴
神の子であるイエスが人類の罪を救済するために十字架にかかった
カーストから逃れるためにヒンドゥー教から改宗する人も

 

シーク教

信仰対象
唯一永遠なる神
カースト制
反対
特徴
ターバン着用が義務
ヒンドゥー教とイスラム神秘主義を融合した宗教
偶像崇拝を禁止

 

仏教

信仰対象
仏陀
カースト制
反対
特徴
悟りによって人生の苦しみを滅する
仏陀の入滅後、出家集団中心の「上座部仏教」と、衆生救済を掲げる「大乗仏教」に分かれる

 

ジャイナ教

信仰対象
特になし
カースト制
反対
特徴
徹底した苦行と禁欲主義による輪廻からの解脱を目指す
ほうきやマスクは、戒律の柱である「不殺生」を厳守するため

 

 

二大政党の関係は宗教対立と重なる!?

国民会議派

ラフル・ガンジー元総裁

(2019年7月辞任、7月19日時点で空席)

 

DATA

国民会議派

特徴
中道左派
主な支持層
イスラム教徒、マイノリティ
思想
ガンジーの説いた「非暴力主義」
創立背景
英植民地時代に開催されたインド人有志による会議がルーツ。インド最初の国民的な政党

インド人民党

ナレンドラ・モディ首相

(2014年~)

 

DATA

インド人民党

特徴
中道右派、グローバリズム
主な支持層
ヒンドゥー教徒、保守層
思想
母体組織に起因する「ヒンドゥー至上主義」
創立背景
ヒンドゥー至上主義団体「民族義勇団(RSS)」を母体として、1980年に発足

 

Salvacampillo / Shutterstock.com Neosiam32896395 / Shutterstock.com Mazur Travel / Shutterstock.com / Truba7113 / Shutterstock.com Abie Davies / Shutterstock.com SmallWorldProduction / Shutterstock.com bodom / Shutterstock.com Komar / Shutterstock.com

 

次ページからのポイント

"ヒンドゥーリスク"がもたらす混乱

3000年続くカーストの縛り

インド女性を支配から解放するには

至高神信仰ですべての人が幸福に

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年9月号記事  インド  宗教  政治  人口  ヒンドゥーリスク  カースト  女性  至高神信仰  

Menu

Language