「逃亡犯条例」改正デモを中国民主化への力に 香港の戦いは終わらない - ニュースのミカタ 特別編 2

「逃亡犯条例」改正デモを中国民主化への力に 香港の戦いは終わらない - ニュースのミカタ 特別編 2

習近平・中国国家主席に向け「香港の人々を中国に拉致する合法化を許すな」と訴えるプラカードを掲げるデモ参加者。海外へのアピールのため、英語や日本語で書かれている。

 

2019年8月号記事

 

ニュースのミカタ 特別編 2

インタビュー

 

「逃亡犯条例」改正デモを中国民主化への力に

香港の戦いは終わらない

 

香港の民主派団体を代表する著名な民主活動家に、その思いを聞いた。

(聞き手 福の科学国際政治局 小林真由美)

 

香港民主党 元主席

アルバート・ホー

プロフィール

(Albert HO・何俊仁) 1951年生まれ。香港市民愛国民主運動支援連合会(支連会)主席。香港大学法学部卒業。香港立法会(国会)元議員。

──逃亡犯条例に反対する、過去最大規模のデモが起きました。

アルバート・ホー氏(以下、ホー): 今回のデモは、条例に対する不満と怒り、香港人の政府への不信感が爆発したものでした。

 デモの直後、香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は条例改正を進める意向を示し、市民をさらに怒らせました。

 その後、条例改正の「無期限延期」を表明しましたが、十分な措置とは言えません。条例の完全撤回、行政長官の辞任を求める声が高まっています。デモ隊は「暴徒」ではありません。

 しかし、200万人を超える香港人の抗議の声を世界に伝えられたことには、大きな意味がありました。「一国二制度」として香港に約束されていた高度な自治が奪われている状況を訴えることができたからです。中国への国際的な圧力が高まることを期待しています。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年8月号記事  ニュースのミカタ  アルバート・ホー  香港民主党  逃亡犯条例  民主化  デモ  習近平  一国二制度  劉暁波  著名知識人  

Menu

Language