通訳を介さない令和の皇室外交をどう見る? 「日本国憲法」の問題点

 

天皇、皇后両陛下が、令和初の国賓として来日したトランプ米大統領夫妻と会見されました。

 

会見や宮中晩餐会において、両陛下が通訳を介さず英語で話される場面が報じられると、ネットなどでは「新しい時代の皇室外交」「皇后陛下のお姿がとても素敵で憧れる」などと話題になりました。

 

適応障害と診断され、現在も療養中の皇后陛下が、元外交官のキャリアを生かして活躍される姿は、多くの人の共感を呼んだといえるでしょう。

 

気になるのは、この「皇室外交」という言葉です。外交とは本来、きわめて政治的な行為です。日本国憲法では、「天皇は国政に関する権能を有しない」と定められており、政治的に中立であることが大原則です。

 

どのような国のお客様でも変わりなく接するという前提の下、国賓への会見は政治的なものとはみなされていません。しかし、通訳を介さないで直接お話ができるなら、政治的な話題について、直接ご自身の意思を伝えることも可能となります。

 

天皇は政治的な存在なのか否か。実はこのあたりが曖昧にされている現行憲法の問題点について考えてみたいと思います。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language