インタビュー 日本が中国に勝つ戦略 - もし中国軍が侵攻して来たら Part.3

インタビュー 日本が中国に勝つ戦略 - もし中国軍が侵攻して来たら Part.3

 

2019年7月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.08

 


contents


 

Interview

 

日本が中国に勝つ戦略

日本が中国に負けない、具体的な国防体制について話を聞いた。

 

元航空自衛官

河田成治

(かわだ・せいじ)1967年、岐阜県生まれ。防衛大学校を卒業後、航空自衛隊にパイロットとして従事。現在は、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)の未来創造学部で、安全保障や国際政治を教えている。

 安倍首相は5月、「2020年に新しい憲法を施行する」と明言しました。憲法9条に「自衛隊」を明記して自衛隊を合憲とし、違憲論争に終止符を打つつもりです。

 合憲になるものの、実態が変わるとは思えません。自衛隊を憲法に明記すれば、20ページから紹介されている中国の侵略に対処できるのか否か。それこそが、最も議論されるべき改憲論争でしょう。

 戦後の日本は、憲法の規定により専守防衛を維持してきました。これにより、アメリカが攻撃の「矛」となり、日本は防衛の「楯」になるという役割分担がなされています。

 ですが、日中戦争が起きれば、矛であるアメリカが一時的に撤退し、盾である日本だけで戦わなければなりません。その戦いに勝ち目はあるのでしょうか。

 本来、自衛隊を「軍隊」とし、あらゆる有事に対応できる憲法や、民兵に対処する法律を制定するなどの法整備が望まれます。

 

次ページからのポイント

新兵器で中国の攻撃を無力化

膨張する中国を封じ込める

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年7月号記事  日中  中国軍  侵攻  国防体制  憲法9条  河田成治  著名知識人  新兵器  無力化  電波妨害兵器  マイクロ波兵器  防衛費倍増  核武装  共産主義  日米同盟  米中冷戦  

Menu

Language