ヒロシマからの祈り 智慧によって「核のない世界」を - 地域シリーズ 広島

ヒロシマからの祈り 智慧によって「核のない世界」を - 地域シリーズ 広島

 

2019年6月号記事

 

地域シリーズ 広島

 

ヒロシマからの祈り

智慧によって「核のない世界」を

 

どうすれば世界から核兵器が消えるのか―。

国際情勢が緊迫する中、広島だからこそ言える、

核廃絶への道筋を探った。

(編集部 小川佳世子、片岡眞有子)

 

 

 原爆投下という、人類初の惨禍を受けた広島。

 雲一つない夏空に一発の原子爆弾が落とされ、半径2キロメートルが焦土と化した。70年は草木も生えないと言われたが、県民は希望を捨てず、復興に力を注いだ。その結果、今では西日本有数の工業都市として栄える。

 だが、「世界初の被爆地」としての悲しみが癒えたわけではない。県民の多くが、幼少期から原爆がもたらす惨害を学び、過ちを繰り返さないよう誓う。

 一方、落とした側であるアメリカの間違いを冷静に分析することはタブー視されており、かくも非人道的な行為がなぜ行われたのか、疑問を胸の奥にしまい込んだ人も多い。世界に視点を移しても、「核のない世界」を願う広島の切実な祈りは、周辺諸国に裏切られ続けている。

 世界から核をなくすために、核兵器の脅威を知る広島がすべきことを考えた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

あの夏の日、人々は何を見たのか

広島の祈りに逆行して広がる核兵器

日本の核保有は独立国として当然の判断 / Interview 国際政治アナリスト 伊藤 貫

世界から核兵器をなくすために広島が果たすべき「使命」

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年6月号記事  原爆  広島  核兵器  核拡散  憲法9条  非核三原則  北朝鮮  核保有国  核弾頭  中国  核ミサイル  著名知識人  伊藤貫  トランプ大統領  

Menu

Language