中国のウイグル人再教育施設で豚肉食を強制 イスラム教徒にとって豚肉とは

 

もし、ある日突然、身に覚えのない罪で逮捕され、無理やり「再教育施設」に入れられ、ゴキブリやネズミを食べることを強制されたら──。

 

かねてから、中国・新疆ウイグル自治区の「再教育施設」では、「イスラム教徒に、教義で禁止されている豚肉を食べさせる」という告発がされてきました。このほど、施設に収容されていたイスラム教徒の男性が施設の様子や生活について語ったAFPBB Newsの記事でも、同様の告発がなされています。

 

記事によると、再教育施設での1日は「中国国歌斉唱」と「自己批判」から始まり、多くの場合、「豚肉のみの食事」で終わるといいます。

 

この男性は新疆ウイグル自治区で、身に覚えのない「テロリズムを支援した罪」で逮捕され、7カ月間収監された後、カラマイ市にある再教育施設に収容されました。

 

施設の目的は「収容者の信仰を剥ぎ取ること」だったといいます。中国国歌の斉唱や豚肉食の強制、中国語以外の言語使用禁止、イスラム教徒のアイデンティティである礼拝やひげを伸ばすなどの行為も禁止など、さまざまな「弾圧」と「洗脳」が行われていたといいます。

 

イスラム教の戒律の中でも、「豚肉を食べない」ことは特に有名です。本記事では、イスラム教徒にとって、「豚肉の強制」はどれほど信仰を侮辱し、人間としての尊厳を否定される行為なのかをお伝えします。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language