4「決められない政治」から脱却 /「平成後」の大戦略 「失われた30年」を逆転する Part.4

4「決められない政治」から脱却 /「平成後」の大戦略 「失われた30年」を逆転する Part.4

写真:新華社/アフロ

 

2019年5月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.06

 

「平成後」の大戦略

「失われた30年」を逆転する

 

5月の改元をもって、平成の幕が閉じる。

次の時代を繁栄させるには、何が必要か。

「失われた30年」の失敗から学び、これからの約30年に向けた発展ビジョンを示したい。

(編集部 山本慧、長華子、山本泉、片岡眞有子)

 


contents


 

4「決められない政治」から脱却

 

日本の政界に巣くう現状維持の悪習。

それを一掃するには、どうすればよいのか。

 

 今年は、4月の統一地方選と7月の参議選のダブル選が、12年ぶりに行われる選挙イヤーだ。

 政治を変えて「失われた30年」を逆転したいが、「投票しても、何も変わらない」という空気が蔓延し、直近の衆院選では2人に1人しか投票しなかった。

 例えば、憲法9条の改正。

 自民や日本維新の会などの改憲勢力は2016年から3分の2を超える議席を占めており、いつでも改憲の是非を問える状態にある。安倍首相は13年に「日本を誇りある国にしていくためにも憲法改正にもしっかりと取り組んでいく」と力説したが、これまで3回の国政選挙を挟むも、改憲に踏み切らない。

 何かと"言い訳"し、問題を先送りにする政治家の姿は平成の時代にも数多く見られた。国民が政治不信に陥り、投票しない人が増えるのは無理もない。

 この「現状維持の政治」をつくった原因の1つが、平成6(1994)年に導入された選挙制度「小選挙区制(小選挙区比例代表並立制)」だった。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

小選挙区制の導入は失敗

リーダーシップを発揮する

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年5月号記事  平成  新元号  改元  小選挙区制  二大政党制  政治改革  利益誘導  バラマキ  中選挙区制  議員立法  

Menu

Language