リッツ・カールトン流おもてなし講座 - 最終回 自分の力で、堂々と人生を企てる生き方を

リッツ・カールトン流おもてなし講座 - 最終回 自分の力で、堂々と人生を企てる生き方を

 

2019年5月号記事

 

仕事の成果が出る!

リッツ・カールトン流おもてなし講座 最終回

 

Special Interview

 

自分の力で、堂々と人生を企てる生き方を

 

「リッツ・カールトン流 おもてなし講座」で、さまざまな悩みに答えてくれた高野登氏に、連載の最終回にあたり、読者へのメッセージを聞いた。

 

人とホスピタリティ研究所 代表

高野 登

(たかの・のぼる)1953年生まれ。日本ホテルスクール卒業後、渡米してNYプラザホテルなどに勤務。ザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコの開業に携わり、日本支社長となる。現在はホスピタリティに関する研修や講演活動を行う。著書は『品格を磨く』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』(かんき出版)など多数。

リッツ・カールトンで学んだ マンガでわかる一流のおもてなし

リッツ・カールトンで学んだ マンガでわかる一流のおもてなし

高野登著

SBクリエイティブ

──3年にわたる連載、ありがとうございました。改めて、高野さんが考える「人材育成のポイント」を教えてください。

高野(以下、高): 分かりやすく話すために、林業の例え話をしたいと思います。

 

高: 木の苗を山に植林する場合、直根ごと植林するというのが本来の方法です。「直根」とは、50センチメートルぐらいの木の苗に生えている約1メートルの太い根っこのこと。この直根が収まるように、山の中腹に1メートル以上の深い穴を掘って植林します。直根から脇に伸びていく細い根は、「側根」と呼ばれています(下図)。

 

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

個性豊かな人を歓迎する方法とは

リーダーの最も大切な役割とは

人間性を磨く宗教の価値

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年5月号記事  リッツ・カールトン  おもてなし講座  インタビュー  高野登  著名知識人  林業  個性  AI  人工知能  宗教  成功  

Menu

Language