建築会社が「ブランド牛」を育てる!? 飯古建設・田仲社長に聞く

 

飯古建設 代表取締役

田仲 寿夫

プロフィール

(たなか・ひさお) 1954年、島根県海士町生まれ。島前高校卒業後、大阪で3年間働いた後、76年に島に戻り、飯古建設に入社。現会長の飯古利夫氏から建設現場の責任者に抜擢され、33歳で共同代表、40歳で社長に就任。現在は漁業や畜産業の異業種にも参入し、経営の多角化に取り組む。

日本海の島根半島沖合に浮かぶ隠岐諸島。4つの島のうちの1つが「海士町」(島根県隠岐郡)です。本土からは、フェリーで約4~5時間かかります。

 

地理的に圧倒的なハンディがあるにもかかわらず、海士町は「地方創生のトップランナー」と評されます。しかし以前は、「2008年には財政破たんする」と予測された町でした。危機感を抱いた前町長の山内道雄氏は、民間企業での経験を生かし、町にイノベーションをもたらしました。

 

本記事では、本誌4月号「『稼ぐまち』が人口を増やす」で紹介し切れなかった飯古建設代表取締役・田仲寿夫氏のインタビューを掲載します。

 

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

2019年3月10日 デイリーニュースクリップ一覧


Menu

Language