「経営の神様」の危機の乗り越え方 パナソニック 松下幸之助 - 創業者物語「初めの10年」

「経営の神様」の危機の乗り越え方 パナソニック 松下幸之助 - 創業者物語「初めの10年」

写真:読売新聞/アフロ

 

2019年4月号記事

 

不定期連載

 

創業者物語「初めの10年」

 

第2回

 

パナソニック 松下幸之助

「経営の神様」の危機の乗り越え方

 

ほとんどの企業は、はじめの10年で潰れると言われる。
不況に見舞われ、事件に巻き込まれ、販売不振に苦しみ、資金繰りに悩む。
しかし、一部の経営者はそうした試練をくぐり抜け、商売を軌道に乗せていく。
第2回は「経営の神様」の事例に学ぶ。

 

 

会社を辞めて起業(22歳)

ソケットの改良を否定される

「ガツンと脳天をやられた」

 松下幸之助はショックを受けた。大阪電灯という会社で検査員を務めていた1910年代、空き時間を使ってソケットの改良をしていた。我ながらよいでき栄えの試作品ができたと思い、上司の主任に見てもらったところ、「これはダメだ。この程度のものじゃ、課長にも見せられない」と軽くあしらわれた。

 はじめは目頭を濡らして悲しんだが、しばらくすると憤慨し始めた。

「きっと主任には見る目がないに違いない!」

 ついに幸之助は、会社を辞めてソケットを製造しようと決意する。ちょうど肺尖カタルという病気を患って、療養を余儀なくされたため、悶々と考えるうちに独立したくなったのだ。

「万一だめだったら、再び会社に戻って、生涯忠実なる従業員として働こう」

 そう考えて、7年勤めた大阪電灯を辞職し、1917年、独立する。これが松下電器のはじまりだ。

 創業メンバーは4人。幸之助と友人2人、そして小学校を出たばかりの妻の弟の井植歳男(後の三洋電機創業者)だ。資金はわずか100円足らず。自宅の四畳半の部屋の半分を土間にして工場とした。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページからのポイント

1回目の苦難(22歳)

2回目の苦難(23歳)

3回目の苦難(28歳)

4回目の苦難(30歳)

5回目の苦難(34歳)

松下経営の2つの特徴

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年4月号記事  創業者物語  初めの10年  パナソニック  ナショナル  松下幸之助  松下電器  経営の神様  販売権  資金繰り  事業部制  

Menu

Language