左翼思想が人を不幸にさせるワケ - 著者Interview 森口朗

左翼思想が人を不幸にさせるワケ - 著者Interview 森口朗

 

2019年4月号記事

 

Book

著者Interview

 

左翼思想が人を不幸にさせるワケ

 

3月上旬に『左翼老人』を上梓する著者に、日本に根強くある左翼思想について聞いた。

 

 

教育評論家

森口 朗

(もりぐち・あきら)教育評論家。HSUアソシエイト・プロフェッサー。中央大学法学部卒。佛教大学修士課程(通信)教育学研究科修了。95年~05年まで都内公立学校に勤務。著書に『自治労の正体』『授業の復権』『戦後教育で失われたもの』『教師は生まれ変わる』『誰が「道徳」を殺すのか』など。ブログ「習慣新書」連載中。

──はじめに、著書のタイトルにもある「左翼」の意味について教えてください。

森口(以下、森): 定義は定まっていませんが、歴史的にはフランスで、国王制度を維持しようとした勢力が議会の右側に座ったのを「右翼」、逆になくそうとして左側に座ったのを「左翼」とするのが起源とされています。その後、穏健な言動を行う勢力を「右派」「左派」、極端なものを「右翼」「左翼」と区別するようになりました。

 本書では、「主権国家を基本とする世界」「間接民主制と三権分立を基本とする国内政治」「資本主義を基本とする経済」の3つを根本的に変えようとする勢力を右翼・左翼としています。ファシズムやナチズムは右翼であり、共産主義は左翼です。

 これに対し、3つのシステムを変えずに自由を重視する勢力を右派、平等を重視するものを左派としています。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年4月号記事  著者  Book  森口朗  左翼老人  著名知識人  三権分立  右翼  左翼  言論の自由  立憲民主党  人権弾圧  共産主義  

Menu

Language