政府機関の閉鎖でも支持率が下がらないトランプ大統領 アメリカを「正しく見る」

 

史上最長の35日間に及んだアメリカ政府機関の一部閉鎖(シャットダウン)を経て、1月29日に予定されていたトランプ大統領の一般教書演説が、いよいよ2月5日(日本時間6日)に行われます。

 

一連の閉鎖について、「トランプ・シャットダウンで政府職員80万人が無給生活。子供の食事買えないシングルマザーも」、「『孫のおむつを』裁判所職員も列へ 米、給料未払い続く」などと、テレビ番組や新聞によるセンセーショナルな報道が続きました。

 

また、CNNが世論調査を行い、閉鎖の責任がトランプ氏にあると考える人が55%に上ると報じています。

 

実際のところ、今回の政府機関の閉鎖はトランプ政権にとって痛手だったのでしょうか。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

【ご支援のお願い】

1口1万円からご寄付をお受けいたします。みなさまのご支援をお願いいたします。

https://the-liberty.com/st/donate/

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language