「トランプ化」する世界 2019年は「中国に路線を変えさせる年」 - ニュースのミカタ 2

「トランプ化」する世界 2019年は「中国に路線を変えさせる年」 - ニュースのミカタ 2

昨年12月、カナダ当局に逮捕された後、保釈されたファーウェイの孟晩舟CFO(右)。写真:AFP/アフロ。

 

2019年3月号記事

 

ニュースのミカタ 2

国際

 

「トランプ化」する世界

2019年は「中国に路線を変えさせる年」

 

 

 主要国が中国の危険性を明確に認識し始めています。その象徴が、世界で次世代高速通信「5G」のネットワーク構築を目指す中国通信大手「ファーウェイ」への対応です。

 昨年12月、カナダ当局が、アメリカのトランプ政権の要請を受け、対イラン制裁に違反した容疑で、同社の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFО)を逮捕しました(その後、保釈)。

 それと前後して、アメリカの同盟国であるオーストラリア、ニュージーランド、日本の各政府が相次いで政府機関の採用する製品・サービスなどから、ファーウェイや同じく中国通信大手の「ZTE」を排除する方針を発表。イギリス、フランス、ロシアでも、民間通信大手が両社の製品を排除する動きを見せています。

 多くのマスコミはトランプ米大統領を悪者扱いしますが、主要国がじわじわと「トランプ化」し、「中国封じ込め」に動いている事実は見逃せません。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年3月号記事  ニュースのミカタ  トランプ  人権侵害  宗教弾圧  ファーウェイ  自由  民主  信仰  輸出  税関  唯物論  

Menu

Language