わが子がドローンに救助される日 - 「死者ゼロ」への未来型防災 - 国造りプロジェクト Vol.03

わが子がドローンに救助される日 - 「死者ゼロ」への未来型防災 - 国造りプロジェクト Vol.03

 

2019年2月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.03

 

わが子がドローンに救助される日

「死者ゼロ」への未来型防災

 

大阪北部地震、巨大台風の多発、西日本豪雨、北海道胆振東部地震─。

天災が"忘れる前"にやってくる時代になった。

災害の常識が変わるなら、防災の常識も変えるときではないか。

(編集部 馬場光太郎、山本泉)

 


contents

わが子がドローンに救助される日 - 「死者ゼロ」への未来型防災 - 国造りプロジェクト Vol.03

わが子がドローンに救助される日 - 「死者ゼロ」への未来型防災 - 国造りプロジェクト Vol.03


 

「方々から『助けて』という叫び声が聞こえてきた」

 2018年7月の西日本豪雨で、全域が水没した岡山県倉敷市真備町地区。いつものように会社で仕事をしていた男性は、建物の屋上に逃れ、目の前の光景に立ち尽くしたという。

「水没しかけた自販機の上にいた人は、こちらに向かって助けを求めていました。でも、何もできなかった。男性が屋上に流れつきました。かすかに息はありましたが、顔色が真っ白でした。自分もこのまま……。そんな思いが頭を過ぎりました」

 豪雨では、220人以上が犠牲になった。日本人は、自然の猛威に改めて息を呑んだ。しかし、それで終わっていないだろうか。「これほど多くの人が亡くなるなんておかしい」という思いを、どれだけの人が持っただろうか。

 振り返れば、治水・避難・救助の3段階で犠牲者を減らすチャンスはあった。真備町地区も水害は予想されていたが、河川改修が間に合わなかった。岡山、広島、愛媛の3県では広い範囲で避難指示が出たが、実際に避難した人は4.6%だけだった。自衛隊などの人手不足は深刻で、多くの人の救助が間に合わなかった。解決すべき問題は山積みであり、人智を尽くす余地はまだまだあるはずだ。

 軍事では人工知能の導入、宇宙兵器の登場など、猛スピードで技術が進化している。同じく命にかかわる防災分野は、それだけの進化をしているだろうか。

 天然痘は、歴史上幾多の文明を脅かす、抗いがたい自然の猛威だった。しかし現在では、ワクチンやその接種体制が飛躍的に進化し、ほとんど根絶された。

 防災においても、「昔は災害で当たり前のように人が亡くなっていた」と言われる時代を、目指せるのではないだろうか。

 本記事では、「死者ゼロ」を目指すための防災構想を紹介する。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

ドローン救助隊出動!

ロボットがあなたを見つける

津波のときだけ現れる堤防

電源が空から"降って"くる

遠くの高台より足元の地下

「階上都市」でお年寄りも安心

「防災」から「弱災」へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年2月号記事  ドローン  救助  死者ゼロ  未来型防災  防災  ロボット  津波  堤防  電源  地下  階上都市  弱災  

Menu

Language