稲盛氏の側近が語るJAL再建の裏舞台 - 著者Interview 大田嘉仁

稲盛氏の側近が語るJAL再建の裏舞台 - 著者Interview 大田嘉仁

写真:ZUMA Press/アフロ

 

2019年2月号記事

 

Book

著者Interview

 

稲盛氏の側近が語るJAL再建の裏舞台

 

日本航空(JAL)は2010年1月、戦後最大の約2兆3千億円の負債を抱えて倒産した。
だが1年後、1800億円という過去最高の営業利益を上げ、2年後に再上場を果たす。
京セラの創業者・稲盛和夫氏と共に、JAL再建に尽力し、このほど、その軌跡を記した「副官」に話を聞いた。

 

 

日本航空元会長補佐

大田 嘉仁

プロフィール

(おおた・よしひと)1954年鹿児島県生まれ。78年立命館大学卒業後、京セラ入社。90年米ジョージ・ワシントン大学ビジネススクール修了(MBA取得)。秘書室長、取締役執行役員常務などを経て、2010年日本航空会長補佐・専務執行役員に就任(13年退任)。現在、稲盛財団監事のほか、数社の顧問などを務める。1991年より京セラ創業者・稲盛和夫氏の秘書を務め、経営破綻に陥ったJAL再建時は、稲盛氏のサポート役として意識改革担当などを務めた。

 JAL再建に着手して、まず問題だと感じたのは、「あまりにも一体感がない」という点です。

 本社と現場、正社員と非正規社員、パイロットやキャビン・アテンダント(CA)、整備などの部門ごとが、どれもバラバラで別会社のようでした。

 また、「正しい数字で経営する」という発想がないことに驚きました。会議でも、月次の実績が出るのに数カ月かかり、出ても概算のようなもの。幹部は「航空事業の利益構造は複雑なので、そもそも月次の達成状況を出して対策を考えるのは無理」という意識です。

 半官半民だったJALが完全民営化されたのは1987年でしたが、再建時も「公共交通機関なのだから、利益が出ないのは当たり前」という考えが染みついていました。

 経営破綻しているのに、部門ごとに1円でも多く予算を獲得し、全て使い切るためには不必要なものも買う、という官公庁のような文化。赤字に対して誰も責任を感じておらず、景気などの外部環境のせいにしたり、「現場が悪い」と言ってみたり、そんな状況が続いていたのです。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年2月号記事  著者  Interview  大田嘉仁  JAL  経営破綻  再建  稲盛和夫  改革  日本航空  京セラ  著名知識人  倒産  

Menu

Language