インドでイスラム教徒の射殺急増

11日付毎日新聞によると、インド政府に対して「治安当局に無実の家族らを射殺された」と訴えるイスラム教徒による告発数が、01年以前と以後の各9年間を比較すると、約4倍の144件に増加していることがわかった。

インドは長年、イスラム教国である隣国パキスタンと対立しており、領有権を争う北部カシミール地方を中心に、イスラム教徒とインド治安当局との衝突が多発してきた。特に01年の米同時多発テロ以降、インドは米国の「テロとの戦い」を支持し、国内で多発するテロ事件についても、イスラム教徒を断罪する傾向が強まっている。

またテロを防げない治安当局への不満も高まっているため、治安当局が犯人を「でっちあげ」、無実のイスラム教徒を攻撃する例が増えていると見られる。

「テロとの戦い」は、あくまで一部の過激派に対する正当なものであるべきで、イスラム教徒全般への宗教的差別はあってはならない。米国のイラク戦争も泥沼化しているが、対立の構図は輸出され、悪影響は様々な国に及んでいる。中東の混乱も、その奥には宗教的な対立がある。

宗教の違いを乗り越えることができるよう、中立的な立場にある日本こそが、高い関心を持って働きかけていく必要があるだろう。(由)

 

 

※現在、デイリーニュースクリップは無料でお読み頂けます。近日中に有料購読に移行予定です。
 

【3月11日分ニュースクリップ一覧】
地震と「政治の乱れ」の関係
米病院がNY市場に上場 日本も株式会社経営導入を
エジプト/イスラムとコプト教徒の衝突で深まる亀裂
ダライ・ラマ引退表明、中国の狙いを見越してか
JAL、初めて全日空に抜かれる
「君が代訴訟、逆転判決」に思う

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language