こんな教育が受けたい!学校再生のヒント

こんな教育が受けたい!学校再生のヒント

2011年4月号記事

 

 

いじめ、学力低下、学級崩壊、不登校……。日本の公立学校を取り巻く現状は厳しい。だが、多くの子供たちに良質の教育を提供し、未来を担う人材へと育て上げるには、公立学校の立て直しは避けて通れない。取材を通して、教育再生のヒントを探ってみたい。

(編集部・奥津裕子)

 

「やっと受験が終わったよ」

肩の荷を下ろしてホッと一息。毎年2月になると、こんなメールが筆者のもとに届き始める。ここ数年、友人の誰かしらが、〝中学受験生の母〟なのだ。

進学塾「四谷大塚」の推計によると、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の今年の中学受験者総数は約5万4千人。小6人口は約30万6700人で、受験率は17・6%に上る。

ここ10年あまり、ゆとり教育による学力低下の懸念とともに中学受験者数が増加。もはや中学受験は特別なものではなくなった。

不況の今、家計にとって私立中学の学費負担は重くのしかかる。しかし、たとえ学費がタダであっても、いじめが蔓延し、教育レベルの低い公立中学には進学させたくない――そう考える保護者は少なくない。公立学校の低迷、その原因はいったいどこにあるのだろうか。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: ザ・リバティ4月号掲載  こんな教育が受けたい  学校  再生  ヒント  

Menu

Language