山口敏太郎のエックス-リポート 【第75回】特別編

山口敏太郎のエックス-リポート 【第75回】特別編

 

2019年1月号記事

 

No. 075 特別編

 

山口敏太郎 X report

テレビなどで活躍する超常現象コメンテーターが
宇宙人、UFO、その他の超常現象をジャーナリスティックに検証する。

 

山口敏太郎

(やまぐち・びんたろう)1966年、徳島市生まれ。神奈川大学経済学部卒業。(株)山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。著書は『霊怪スポット 戦慄の最新ファイル』(KAWADE夢文庫)、『恐怖呪い姫~実話狂気怪談』(TO文庫)など多数。TV、ラジオに多数出演。真言宗信徒。メルマガ「山口敏太郎のサイバーアトランティア~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中。 http://foomii.com/00015

 

 

 施設がいきなり政府機関によって閉鎖される―。映画などでありがちな展開だ。

 米ニューメキシコ州に存在する国立太陽観測所が9月上旬、FBIによって閉鎖されるという、まさに映画のような奇妙な事態が発生し、全米で注目を集めた。

 閉鎖は数日で解除されたそうだが、アメリカ国内ではこの件に関してさまざまな陰謀論がささやかれている。今回は特別編として、アメリカで起きた太陽観測所の事件について紹介しよう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

某国がハッキング?

宇宙でも異常事態が発生

エイリアンが黒幕なのか!?

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年1月号記事  山口敏太郎  Xリポート  著名知識人  太陽観測所  閉鎖  FBI  ハッキング  異常気象  火星探査機  キュリオシティ  

Menu

Language