呑み込む中国、守るアメリカ - 日本は今こそ「台湾防衛・独立支援」を

呑み込む中国、守るアメリカ - 日本は今こそ「台湾防衛・独立支援」を

 

2018年12月号記事

 

呑み込む中国、守るアメリカ

日本は今こそ「台湾防衛・独立支援」を

 

台湾をめぐり、米中が激突している。台湾を併合したい中国と、それを阻止したいアメリカ。

日本の台湾政策はどうあるべきか。

(編集部 小林真由美)

 

 

「我々には、『台湾独立』勢力のいかなる分裂の企ても打ち破る、断固たる意志とあふれる自信、十分な能力がある」

 中国の習近平国家主席は昨年10月、第19回共産党大会でこう宣言した。中国は、台湾を「中国の不可分の領土」と主張し、共産党の「歴史的三大任務」に「台湾統一の実現」を掲げている。

 特に、独立志向の蔡英文政権が2016年に誕生してから、中国の圧力は激しくなった。台湾周辺で多数の爆撃機を飛行させ、空母「遼寧」を航行させるなど、軍事的な圧力も強めている。

 蔡氏の就任後、台湾と国交があった5カ国が、中国からの圧力で中国と国交を結び、台湾と断交。今年9月には、ヨーロッパで唯一、台湾と国交があるバチカンと中国が急接近している。

 台湾の国防部が今夏に公表した「中国共産党軍事力報告書」によると、中国は2020年までに台湾への全面的な侵攻作戦能力の完備を目指している。中国・人民解放軍所属の研究者も「台湾統一の時期は2020年~25年」と述べている。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

台湾で盛り上がる独立運動

インタビュー / 黄國昌氏, 廖福特氏, 江志銘氏, 高嘉瑜氏

日本は台湾を「独立国家」と認めるべき

台湾の防衛は日本の防衛と不可分

台湾の「自由・民主・信仰」を守りたい

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年12月号記事  台湾  アメリカ  中国  台湾防衛  独立支援  トランプ  習近平  黄國昌  廖福特  江志銘  高嘉瑜  独立国家  自由  民主  信仰  蔡英文  

Menu

Language